認知症検査では、さまざまな絵や図形を記憶する能力が問われます。これらの絵を効果的に覚えるためには、物語に組み込んだり、漫画風に視覚化したり、パターンを活用したりと、様々な暗記テクニックを活用することが重要です。絵を単独で覚えるのではなく、関連付けたり、特徴を意識的に記憶したりすることで、認知症検査に向けて効果的に絵を記憶することができます。また、これらの方法は認知症予防にも役立つため、日頃から絵の記憶練習に取り組むことをおすすめします。

認知症テストの絵の効果的な覚え方

絵を物語に組み込む

認知症検査で出題される絵を単独で覚えるのではなく、絵と絵を関連付けて物語を作ることで、記憶に残りやすくなります。例えば、「りんごの絵」と「傘の絵」を組み合わせて、「りんごの絵の下で傘をさしている人」といった具合に、絵と絵をつなげた物語を作ると良いでしょう。

漫画風の視覚化

絵を漫画風にイラスト化することで、視覚的な記憶が強化されます。認知症検査の絵を自分なりにキャラクター化したり、シーンを描いたりすることで、絵の特徴をより鮮明に捉えることができます。

パターンを活用する

認知症検査の絵には一定のパターンがあるので、そのパターンを見つけ出して覚えると効果的です。例えば、同じ形の絵が並んでいたり、色合いが似ている絵が続いていたりするなど、絵のつながりを見つけることで、記憶の手がかりにすることができます。

暗記テクニックを使う

絵と関連付けた物語を作ったり、絵のパターンを見つけたりするなど、様々な暗記テクニックを活用しましょう。例えば、「ひらがな・カタカナ・漢字」といった分類方法で絵を整理したり、「絵の形・色・大きさ」などの特徴を意識的に記憶したりするのも良いでしょう。

これらの方法を組み合わせることで、認知症検査の絵を効果的に記憶することができます。検査に向けて、ぜひ試してみてください。

認知症予防にも役立つ

これらの絵の記憶テクニックは、認知症予防にも役立ちます。日頃から絵を覚える練習をすることで、脳の活性化につながり、認知機能の維持・向上が期待できます。認知症検査の対策だけでなく、自身の認知症予防にも取り組んでみましょう。

認知症テストの絵の効果的な覚え方のまとめ

認知症テストでは、さまざまな絵や図形を記憶する能力が問われます。効果的に絵を覚えるには以下のテクニックが有効です:

???? 絵を物語に組み込んで記憶する
????️ 絵を漫画風に視覚化して記憶する
???? 絵のパターンや特徴に着目して記憶する
これらの方法を組み合わせることで、絵を単独で覚えるよりも効果的に記憶できます。また、絵の記憶練習は認知症予防にも役立つため、日頃から取り組むことをおすすめします。

遺言・終活・エンディングノートランキング
遺言・終活・エンディングノートランキング