高齢者雇用継続給付金は、65歳以上の高齢者が継続して就業している場合に受給できる制度です。この制度の目的は、高齢者の就業意欲を維持し、生活の安定を図ることにあります。

高齢者雇用継続給付金 - 65歳以上の就業継続を支援する制度
高齢者雇用継続給付金 – 65歳以上の就業継続を支援する制度

高年齢雇用継続給付金の概要

支給対象は、65歳以上の高齢者で、雇用保険の被保険者として継続して就業している方です。支給期間は、65歳到達月から70歳到達月までの最長5年間となっています。

支給要件は以下の3点です。

  1. 雇用保険の被保険者であること
  2. 65歳以降も継続して就業していること
  3. 一定の賃金水準を満たすこと

受給手続は、被保険者本人が所轄の公共職業安定所で行います。給付額は、各月の賃金額に応じて計算され、最大で月額6万円程度が支給されます。

次に、高年齢再就職給付金についてご説明いたします。これは、60歳以上65歳未満の一般被保険者が、60歳以降の賃金が60歳時点の75%未満に低下した場合に支給されるものです。支給額は賃金低下率に応じて決まり、支給期間は60歳から65歳までとなっています。

企業の対応としては、高齢従業員の賃金低下に配慮しつつ、適切な手続きを行う必要があります。事業主が2か月に1度、高年齢雇用継続給付金の支給申請を行う必要があります。

この制度は、高齢者の就業意欲を維持し、生活の安定を図ることを目的としています。企業にとっても、高齢従業員の定着に役立つ制度といえます。高齢化が進む中、企業は本制度を積極的に活用し、高齢者の雇用を促進することが重要です。

遺言・終活・エンディングノートランキング
遺言・終活・エンディングノートランキング