・お墓を購入するときには、墓所を借りる権利と墓石を購入します。

・日本では、墓地以外には埋葬することができないと墓地埋葬法により定められています。

・墓地は個人で購入することはできません。

・不要になった墓地を借りる権利は墓地の持ち主に返却してください。勝手に他人に譲渡することはできません。

・墓地を借りるときの契約も、使用料や永代使用料となります。

 

<墓地の種類>

  • 寺院墓地

・お寺が管理するお墓

・お寺の檀家さんや承継者がいることが前提となります。

メリット

・寺院が直接管理しているので、手厚い供養を受けられる。

・永代供養つきの墓の場合は、承継者がいなくても、弔い上げまで供養してくれる。

デメリット

・承継者がいることが条件となっている場合が多い。

・檀家となることが前提となっているので、管理費以外に会費や寄付が必要となります。

・法要は宗派のやり方に従う。

・墓石は指定の石材店やデザインしか選べない場合がある。

  • 公営墓地

・地方自治体が管理するお墓。

メリット

・宗教は問いません。

・使用料や管理費が安い場合が多い。

・承継を前提にしないことが多い。

・倒産する心配がほとんど無い。

・墓石の石材店やデザインを自由に選べる場合が多い。

デメリット

・その自治体に一定期間属しているなど、資格条件があります。

・人気の墓地は抽選になり、倍率も高い。

  • 霊園

・公益法人、宗教法人が管理するお墓

メリット

・宗教は問いません。

・承継を全としない場合が多い。

・区画がゆったりとしていて、希望の広さを選択することができる場合が多い。

・すぐに購入できるところが多い。

・区画にあわせていろんな墓地がある。

デメリット

・民営が経営しているため倒産してなくなる可能性がある。

・郊外にある場合が多い。

・墓石は指定の石材店やデザインしか選べない場合がある。

 

 

・最近では、散骨・樹木葬など新しい方式のお墓があります。