・確定申告が必要な方が、確定申告する前に亡くなられた場合、亡くなられた方の代わりに相続人などが所得税の申告を行う必要があります。このことを準確定申告といいます。

・確定申告をするときは、通常、その年の1月1日から亡くなられた日までの分を、亡くなられた年の分として申告します。

・3月15日までに亡くなり、前年分の確定申告をしていない場合は、前年分の申告も必要になります。

・確定申告の期限はいずれの場合も、相続の開始があったことを知った日の翌日から4ヶ月以内です。

・確定申告の申告先は、亡くなられた方の死亡当時の納税地の税務署です。

・通常の確定申告の提出期限と異なりますので、気をつけてください。

 

・準確定申告は、必ずしないといけないものではありません。

・準確定申告をしないといけない場合は以下の場合です。

  • 個人事業主であったり、不動産所得を得ていた場合。
  • 公的年金を受給していた場合。
  • 多額の医療費を支払った場合。
  • 2箇所以上から給与を得ていた場合。
  • 給与収入が2000万円以上だった場合。
  • 給与所得と退職所得以外の所得の合計が20万円以上ある場合。
  • 給与所得者で年末調整をしていない場合。

・確定申告をすると、還付を受けられる場合があります。還付を受けられる場合は、申告してください。

・社会保険料や生命保険料などの控除の対象となるのは、亡くなられた方が死亡したときまでに支払ったものとなります。

・亡くなられた方が消費税納税義務者だった場合、消費税の申告もする必要があります。

 

<準確定申告書の提出方法>

  • 提出書類

・確定申告書第1表、第2表、確定申告書付表

  • 提出先

・亡くなられた方が死亡したときの住所地を管轄している税務署

  • 提出期限

・相続の開始があったことを知った日の翌日から4ヶ月以内

  • 提出する人

・相続人など

  • 必要なもの

・年金や給与の源泉徴収票、医療費の領収書など