葬祭費や埋葬費について

・亡くなられた方が国民健康保険や後期高齢者医療制度に加入していた場合、または、勤務している会社で健康保険に加入している場合は、葬祭費や埋葬費が葬儀料の一部として公的保険から支給されます。

・この支給は請求しないと受け取ることができません。

・請求期間は2年以内です。

 

【国民健康保険や後期高齢者医療制度の加入者だった場合】

・亡くなられた方が、国民健康保険や後期高齢者医療制度に加入していた場合、葬儀を行った人に葬祭費が支給されます。

・給付内容や支給額は、亡くなられた方が加入していた制度や、住所の市区町村によって変わってきますが、一般的には1万円~7万円となっています。

・自治体によっては他の給付が受けられる場合がありますので、確認してみてください。

 

【健康保険の加入者だった場合】

・亡くなられた方が、健康保険に加入していて、業務外の原因でなくなられて、生計を同一にされていた方が埋葬を行った場合、埋葬料として5万円が健康保険から支給されます。

・埋葬料を受け取ることができる人がいない場合は、実際に埋葬を行った人に埋葬を行ったときに支払った費用が上限額は5万円で支給されます。

・亡くなられた原因が業務上の事故や通勤災害の場合は、労災から支給されます。

・被保険者の家族の方が亡くなられた場合は、被保険者に家族埋葬料として5万円が支給されます。

・会社が健康保険組合に加入している場合は、健康保険組合からも給付される場合がありますので、確認してみてください。

 

【葬祭費を申請する場合】

  • 申請先

亡くなられた方が住んでいた住所を管轄する市区町村役場

  • 申請できる人

実際に葬儀を行った喪主など

  • 提出書類など

・国民健康保険葬祭費支給申請書 (福井市役所のダウンロードサイト

・亡くなられた方の国民健康保険被保険者証、後期高齢者医療保険被保険者証

・葬祭費用の領収書(喪主が確認できる書類)

・喪主の印鑑

・受取人名義の預金通帳

  • 申請期限

葬儀を行った日の翌日から2年以内

  • 手数料

不要。

 

 

【埋葬料を請求する場合】

  • 申請先

亡くなられた方が勤務していた会社を管轄する健康保険組合

  • 申請できる人

生計を同一にされていて、埋葬を行った人 (該当者がいない場合は埋葬を行った方)

  • 提出書類など

・健康保険埋葬料(費)支給申請書 (協会けんぽのホームページからダウンロード可能)

・生計を同一にしていたことを証明できる書類

・埋葬費の領収書

・印鑑など

  • 申請期限

・埋葬料の場合、なくなられた日の翌日から2年以内

・埋葬費の場合、埋葬を行った日の翌日から2年以内

  • 手数料

なし

 

  • 埋葬料:亡くなられた人と同一の生計を受けており、埋葬を行った人に支給される
  • 埋葬費:埋葬料を受け取れる人がいなくて、実際に埋葬の費用を負担した人に支給される

期限のある相続手続きもご参照ください。葬祭費や埋葬費