相続の手続きをする場合以下の順番で行っていきます。

① 遺言書の有無を確認する

② 相続人を確認する

③ 相続分を確認する

④ 相続財産を確認する

⑤ マイナスの財産も確認する

⑥ 相続する方法を選択する

⑦ 遺産の分割方法を決める

⑧ 各財産の相続手続きをする。

⑨ 相続税の申告をする

 

相続の手続き

 

① 遺言書の有無を確認する

亡くなられた方が遺言書を残していた場合は、相続人は、遺言の内容にしたがって遺産を分割することになります。

詳細は① 遺言書の有無を確認するをご参照ください。

 

 

② 相続人を確認する

遺言書が無い場合は、相続人全員で遺産を分割することになります。

詳細は② 相続人を確認するをご参照ください。

 

③ 相続分を確認する

相続人の優先順位や相続分は法律で定められています。

詳細は③ 相続分を確認するをご参照ください。

 

④ 相続財産を確認する

故人の財産で、換金できる物はすべて相続財産になります。

詳細は④ 相続財産を確認するをご参照ください。

 

⑤ マイナスの財産も確認する

故人が借金をしていたり、住宅ローン、未納の税金などがあると、これらも相続財産となります。

詳細は⑤ マイナスの財産も確認するをご参照ください。

 

⑥ 相続する方法を選択する

相続する方法には、単純承認、限定承認、相続放棄がありますが、3ヶ月以内に選択する必要があります。

詳細は⑥ 相続する方法を選択するをご参照ください。

 

⑦ 遺産の分割方法を決める

遺産を分割する方法には、現物分割、代償分割、換価分割、共有分割があります。

詳細は⑦ 遺産の分割方法を決めるをご参照ください。

 

 

⑧ 各財産の相続手続きをする

遺産分割協議などで、遺産の分割方法が決まった場合、遺産を分割するための手続きが必要となります。

詳細は⑧ 各財産の相続手続きをするをご参照ください。

 

⑨ 相続税の申告をする

相続税を納税する必要がある場合は、10ヶ月以内に行う必要があります。

詳細は⑨ 相続税の申告をするをご参照ください。

 

 

 

・相続手続きには期限があります。相続放棄をする場合は3ヶ月以内。相続税を申告する場合は10ヶ月以内と決められています。そのため、できるだけ早く相続手続きを行い、スムーズに行う必要があります。相続人が多い場合は、手続きに時間がかかり、揉め事になる場合がありますので、相続が発生したときに、すみやかに行政書士などの専門家などに相談してみてください。