生前整理とは

人が亡くなると、後には大量のものが残ります。遺品整理はかなえら図発生しますが、遺族の方にとっては、何が大切なものか、大切なものでないかわかりませんし、大事なものがどこにあるのかがわかりません。遺品整理を行うと、時間と費用もかかり大変です。また、物によっては、どうやって扱えばいいのかがわからなくて困るものもあります。そのため、当事者本人が、財産関係の整理を含め、生前に身の回りのものを整理することが重要となってきます。

生前整理をすることで、いろんなことが整理できるので、今後の人生を明るく過ごすことができるようになりますし、遺族の方の負担も減りますのでおすすめです。

生前整理は業者に依頼することができますが、費用がかかりますので、できれば家族の方に手伝ってもらいながら行ったほうがいいです。生前整理をしているときに思い出の品が出てきて、思い出に花が咲くかもしれません。

 

生前整理

生前整理をするメリット

 

    ① 残された人生でやりたいことが明確になります。
    ② 相続の準備ができる
    ③ 家族の方への負担が減る
    ④ 認知症予防になる
    ⑤ 住みやすい環境づくりができる

 

 

    ① 残された人生でやりたいことが明確になります。

    これまでの人生で蓄積してきた物や思い出を一度整理することにより、いろんなことを思い出し、今後の人生でやりたいことが明確になり充実な人生を送るきっかけになります。

    ② 相続の準備ができる

    財産の整理ができるので、誰にどの財産を相続させるのか決めておくと相続トラブルを未然に防ぐことができますし、遺言書を書くきっかけになります。

    ③ 家族の方への負担が減る

    自分が亡くなった後に家族の方は葬式の準備や相続手続きなどでやることがたくさんあります。あらかじめ生前整理をしておくことで、遺品整理にかかる手間と時間を減らすことができるので、家族の方への負担を減らすことができます。

    ④ 認知症予防になる

    生前整理をしていると、思い出の品がたくさん出てきます。今までの人生を振り返ることで、認知症予防になるといわれています。

    ⑤ 住みやすい環境づくりができる

    生前整理をして物を減して、床においてあったものをなくし、高いところにあったものを降ろしておくことで、思わぬ怪我の原因をなくすことができます。介護環境づくりの準備ができますし、どこに片付けたわからなくなっていた貴重品や重要書類などが見つかるかもしれません。

    生前整理を始めるタイミング

     還暦を迎えたのをきっかけに行う方が多いです。もちろん50代のころから始めている方もいます。気がついたらできるだけ早く行ったほうがいいです。家族の方と少しずつ行っていくと今後の話もできるので、今後の準備もできるようになります。

    生前整理のやり方

     整理するものを以下のように整理します。
      ① 使うもの
      ② 使わないもの
      ③ 使うかどうかわからないもの
    ②の使わないものはすぐに捨ててください。また、③の使うかどうかわからないものは、期間を設定して、一定期間使わなかったら捨てるようにしてください。実際に使うものだけを残していって、その他のものは捨てるようにして、物をだんだん減らしていきます。思い出の品は写真などに取っておくと、物はなくなりますが、思い出を残すことができます。

    このときに一緒に財産リストを作っていくと、相続の準備をするときに役立ちます。

    生前整理をして住みやすい環境を作る

    老後場合、家の中の物を減らすと住みやすくなります。断捨離を取り入れていって、家の中のものを少しずつ減らしていってください。本当に今の自分に必要なものだけがあるようにしましょう。そうすれば、自分が好きなものだけに囲まれて、快適な生活することができますし、家の中のものが少なくなっていると介護リフォームがスムーズにできるようになります

    エンディングノートに追記する

    生前整理で整理したものをエンディングノートに追記しましょう。エンディングノートに書くことに、頭の中も整理できますし、どこに片付けたか忘れたときに、エンディングノートを見れば思い出すことができます。また、自分以外の人が整理したものを探すときにとても役に立ちます。