このサイトでは配偶者の居住権の権利についてご説明させていただきます。

施行日について

配偶者の居住の権利については2020年4月1日

から施行されます。

配偶者居住権について

1.配偶者居住権

2.配偶者短期居住権

が新設されました

1.配偶者居住権の新設

・配偶者が相続人で一定の要件を満たしている場合、相続開始時に住んでいた居住建物を相続しなくても、住み続けることができます。

・原則として終身の間、居住建物に住み続けることができます。

・居住権は無償です。

配偶者居住権の事例

・相続人が配偶者と子

相続人

・遺産は居住建物と預貯金

遺産

遺産分割協議で

・子が居住建物

・配偶者は預貯金

を相続したとします。

・配偶者は配偶者居住権があるので、原則、終身の間無償で、居住住宅に住み続けることができます。

・配偶者は預貯金を相続しやすくなります。

・その結果、配偶者保護につながります。

※配偶者居住権は登記をすることができます

配偶者居住権

2.配偶者短期居住権の新設

配偶者が相続人で一定の要件を満たしていない場合、相続開始時に住んでいた居住建物を相続しなくても住み続けることができます。

・居住建物に住み続けるのは一定の期間。

・居住権は無償。

一定の期間とは

・配偶者を含む複数の相続人で遺産分割する場合

① 遺産分割により、居住住宅の所有者が確定した日

② 相続開始の時から6ヶ月を経過した日

の遅い方。

配偶者短期居住権の事例

遺産分割協議で

子が居住建物

配偶者は預貯金を相続したとします。

このとき、一定の期間は子は家を出て行くように主張できません。

配偶者は相続した預貯金で、一定期間中に新しい居住を探すことができます。

配偶者の居住の権利は、相続改正の目玉となっています。
配偶者居住権、配偶者短期居住権を新設することにより、
配偶者相続人が相続発生後にも居住住宅に住み続けることができるようになりました。