財産目録とは

亡くなられた方が残したプラスの財産、マイナスの財産相続財産とみなされないものを種類ごとに一覧化して、相続財産の状況を明確にしたものです。形式などについては特に決まりはありません。 相続財産目録 は相続税の申告、あるいは相続税の給付額を明らかにするときに必要な資料となります。相続税の申告が必要となったときには、申告書の中には、相続財産の一覧を添付する必要があります。

遺言書がないときや遺言書で指定がないときは、遺産分割で相続人全員の合意があれば、自由に遺産を分割することができます。

家や土地などの不動産は、相続人で共有するという選択をすることができます。
しかし、実際には法定相続分の割合を参考にして、遺産を分割していることが多いです。
そのため、どんな遺産がどれだけあり、どれぐらいの価値があるのか調査する必要があります。調査してまとめたものが財産目録と言います。

遺産を調査して財産目録を作成すると、遺産の全体像を把握できるようになります。
不動産や預貯金のプラスの財産だけでなく、借金などのマイナスの財産も記入します。

換金ができるものはすべて相続財産となります。遺産分割協議が終わった後に新しい相続財産が出てきた場合は、遺産分割協議をやり直すことができない場合がありますので気をつけてください。

遺産の確定は相続の手続きで大切な作業となります。

亡くなられた方が、どんな財産をどれぐらい残しているかを確定する作業が必要となり、確定したら 相続財産目録 を作成します。

財産目録を正確に作成しないと、後日トラブルが発生する原因になります。

後から 相続財産目録 に載っていない財産が出てくると、もれた手続きをやり直さないといけないので大変手間と時間がかかります。

相続財産の調査の参考動画

相続財産の調査に役立つ魔法の言葉

【現金】

・ いくらある?

・ どこにおいてあるか?

【預貯金】

・ どこの銀行の口座にあるか?

・ いくら貯金しているか?

・ 通帳や印鑑はどこに保管しているか

【株、有価証券】

・ どの種類のものがいくつあるか?

・ どこに保管しているか

・ どこの証券会社と取引しているか?

【自動車】

・ どこに保管してあるか

・ どんな自動車か

・ いくらぐらいか

【骨董品、美術品、貴金属など】

・ どんなものか

・ どこに保管しているか

・ いくらぐらいか

【生命保険】

・ どこの保険会社に加入しているか

・ 契約内容

・ 受取人は誰

・ 証券は保管しているのか

※ 遺言書で生命保険の受取人を変更することができます。

  • 借金などのマイナスの財産も遺産になります。
  • 税務申告の際の財産目録は、あくまでも税務署に対する書類であるため、実際の遺産の目録とは少し違いますので気をつけてください。
  • 土地に関しては、公示価格、路線価格、固定資産税評価額、実際の売買価格という4つの値段がつきます。公示価格は、国土交通省、路線価格は税務署、固定資産税評価額は市役所、売買価格は購入者というように、役所によって価格が変わることがあります。そのため、実際の売買価格と税務上の価格が違うこともあります。

相続財産調査の手がかりになる物

最近は、親と同居していない子が増えてきていますので、亡くなられた方がどんな財産を持っていたのか知らない家族が多くなっています。エンディングノートなどに書いてあれば、財産の確認がしやすくなります。エンディングノートなどに記載がない場合は、各財産について確認していく必要があります。

相続財産目録を作成するためには、参考にする資料を集めます。

基本的には、財布の中にはいっているものは、すべて手続きが必要となります。

また、換金できる物は遺産となりますが換金できないものは形見となります。

不動産について

・登記事項証明書または要約書 (不動産登記簿謄本) 
  入手先は法務局
・固定資産課税証明書
  入手先は市区町村役場、都税事務所

預貯金について

・預貯金通帳
 入手先:金融機関の残高証明書

株券、有価証券について

株式、投資信託
 入手先:証券会社

事業について

・事業用財産
 入手先:会社の決算書類

保険について

・保険金
 入手先:保険会社など

<申告漏れが多い遺産の例>

・インターネットバンキングや預金通帳を発行しない銀行の預金

・海外の銀行の預金

・配偶者の実家の不動産

・他人との共有している不動産 ※固定資産税の請求が届いて発覚することがあります。

・祖父母などの名義のままになっている土地

・家の中の金庫や貸金庫に保管されている貴金属

・保険会社に請求していなかった入院保険金など

・社会団体などの積立金

・互助会などの解約金

・いろんな団体への出資金

・簡易保険などの特約還付金

  • マイナスの財産の中に債務があります。財産整理を行っても見つけることが難しいものの中に保証人という制度があります。これは、隠れた債務と言われ、契約書を持っていないことが多いので、なかなか見つけることができません。相続の手続きが終わり、時間が経過してから、保証されていた人が破産して、突然借金の返済を請求される場合があります。

 何かの保証人になった場合は、契約書の写しを必ず保管して、後々トラブルにならないように家族の方に説明してください。そうすれば、保証人の債務を含めて相続財産を相続するか放棄をするか事前に決めることができます。

相続財産目録

相続財産の査定とエンディングノート

【不動産について】

・不動産の価格は、評価する機関などで変わってきます。

・固定資産税で評価される価格や、路線価で計算した価格と、実際に市場で売買される価格で違いが出てくる場合があります。

・不動産の立地状況や建物の状態によっても価格が変わってきます。

・田畑、山林などはなかなか購入者が出てきませんので、価格が変わる場合があります。

・長い間ぜんぜん使われていなかった土地の価格も変わる場合があります。

・生前に、所有している不動産を売却するときにいくらぐらいで売れるのか査定書などを作っておくと、相続手続きのときに役立ちます。

・査定をしてもらうときに、子の不動産が売却しやすいか、何か条件をつけないと売ることができないかなど、いろんなことがわかってきます。

・相続人が全員独立していたり、県外に住んでいて、相続のときに不動産を売却することになると予想できる場合は、不動産をすぐに売却できるように準備をしておいたほうがいいかもしれません。

・売却しにくい不動産については、査定の結果、予想価格より低い場合は、知人に譲ったりするなど、違う方法で処分されたほうがいいと思われます。知人に譲れば、自分がなくなった後も、知人と相続人との人間関係が続くかもしれません。

【動産について】

・最近ぜんぜん使っていないゴルフ会員権や、リゾート会員権、フィットネスクラブやジムの会員権も相続の対象となります。

・趣味で集めた絵画や茶道具、美術品も相続の対象となりますので、生前にいくらぐらいで売ることができるか鑑定してもらうと相続手続きのときに役立ちます。

・今の財産状況を調べたり、在宅介護の準備をするためにも、身の回りのいらないものを整理したほうがいいです。

・身の回りを整理するときには以下のように3つのグループに分けると整理しやすいです。

  • いつも使うもの
  • あまり使わないもの
  • まったく使わないもの

このように整理をすると、②のあまり使わないものが多くなると思います。その中から、一度でも使ったものを①のいつも使うものに移動して、1年以上たっても②のあまり使わないものに残っているものは、必要の無いものですので、それから1年たっても使わなかったら処分したほうがいいです。

思い出のある服や生活雑貨などは、写真にとってDVDなどに保存するといいと思います。

・終活の中に身の回りの物の整理がありますが、このときに便利なのがエンディングノートです。

・換金ができるものは相続財産となりますが、換金ができなくて、子孫に残したいことはエンディングノートに書いて伝えることができます。エンディングノードを書くことによって、いろんなことがわかり、今後の人生を充実できるようになるので、ぜひ書いてみてください。

相続財産を評価する場合

相続財産が一定の金額を越えたときに相続税がかかります。この一定の金額のことを基礎控除額といいます。そのため、相続財産を正しく評価する必要があります。

相続財産の中には不動産や預貯金、株式などの有価証券などがあります。
預貯金や株式などの有価証券などは、被相続人が亡くなったときの残高や時価がそのまま評価額になりますが、不動産の場合は、そのままでは評価額がわかりませんので、いろんな資料と照らし合わせて評価することになります。

不動産の相続税を評価するときにはいろいろ特例があります。小規模宅地等の特例では、一定の面積まで課税価格が5割か8割減額できます。この特例を適用できれば相続税を節約できます。そのほかにもいろいろな特例があります。詳細については税理士にお問い合わせください。

■ 土地の評価方法

・土地の評価方法・・・市街地で路線価が決められている地域では路線価方法
              それ以外の地域では倍率方式
・建物の評価方法・・・死亡した年の固定資産税評価額

宅地
・路線価方式 路線価 × 補正率 × 面積
・倍率方式  固定資産財評価額 × 倍率

借地権
 自用地の評価額 × 借地権割合

貸宅地
 自用地の評価額 × (1-借地権割合)

貸家の敷地
 自用地の評価額 × (1-借地権割合×借家権割合)

■ 建物の評価方法

自宅
 固定資産税評価額 × 100%

貸家
 固定資産税評価額 × 70%

・現金・預貯金の評価方法・・・死亡時の価格がそのまま相続財産の価格になる

■ 現金の評価額

現金価額 × 100%

■ 預貯金の評価額

普通預金
 死亡日の残高

定期預金
 死亡日の残高+利息

■ 株式・投資信託の評価額

・上場株式・・・上場株式を扱う取引所が公表する価格のうち、
   ① 被相続人の死亡の日の最終価格
   ② 死亡月
   ③ 死亡の前月
   ④ 死亡の前々月
   の毎日の最終価格の平均額のいずれか
   ① ~④のうち、最も低い価格が評価額となります。

  ・非上場株式
議決権割合などに応じて、原則的評価方式か特例的評価方式のどちらかで評価する。

 ・投資信託など・・・その証券を信託銀行などが、被相続人の死亡した日に

買い取るとした場合の買い取り価格

■ 死亡保険金・死亡退職金・個人年金の評価額

・死亡保険金
  受け取り金額
※ 非課税枠あり

・死亡退職金
  受け取り金額
※ 非課税枠あり

・個人年金
  一定の評価方法により評価する

■ ゴルフ会員権・貴金属、自家用車・絵画・家庭用財産・電話加入権の評価方法

・ゴルフ会員権
 死亡日の取引価格×70%  ※ 預託金がない場合

・貴金属
 死亡日の買い取り価格

・自動車・絵画・家庭用財産
 死亡日の時価。
※ 死亡日の時価が5万円以下の家庭用財産は一括で評価することも出来る。

・電話加入権
 全国一律 1500円

・趣味や思い出の品・・・財産的評価額は0円

・生命保険・・・受け取り保険金額。
        ※被相続人が受取人の場合は相続財産とされますが、
         相続人が受取人の場合は相続財産ではありませんが、課税対象になります。

※ 賃貸不動産の場合は、計算方法が複雑です。
不動産の計算は難しいことが多いので税理士に相談することをおすすめします。

財産価値が下がったゴルフ会員権。遺産分割後に相続人以外の人に譲渡した例

<背景>

・福井太郎さんが病気で亡くなりました。

・相続人は妻の福井花子さんと県外に住んでいる長男の福井一郎さんと次男の福井二郎さんです。

・相続財産は不動産、預貯金、有価証券、ゴルフ会員権、自動車、遺族年金でした。

・遺産分割協議で不動産と預貯金は妻の福井花子さん、有価証券は長男の福井一郎さん、ゴルフ会員権と自動車は次男の福井二郎さんが相続することになりました。

<問題発生>

・ゴルフ会員権は次男の福井二郎さんが相続することになっていましたが、福井太郎さんの友人であった松本仁さんが譲って欲しいと言ってきました。

<事例結果>

・最終的には松本仁さんに譲ることになりましたが、バブルの時には数百万円したゴルフ会員権でしたが、相続したときには数十万円に下がっていました。

・名義変更するのに約10万円かかりましたので、全体的にはほとんど利益はありませんでしたが、松本仁さんは喜んでいました。

遺産分割方法についてはこちらをご参照ください

にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ
にほんブログ村