準確定申告とは

準確定申告は、被相続人(亡くなられた方)の所得税について申告するものです。

人(被相続人)が死亡した場合、その故人は所得税の確定申告をすることができません。
そこで、その相続人が代って確定申告をすることになります。
この、亡くなった方の確定申告を『準確定申告』といいます。

準確定申告の対象者

準確定申告の対象者は、全員ではありません。下記のような人が対象者になります。

・個人で事業をしていた方

・2か所以上から給与を受けていた場合

・不動産所得があった方

・年間2千万円以上の給与があった方

・給与所得や退職所得以外の所得が合計で20万円以上あった場合


・譲渡所得や一時所得があった方 

・医療費控除の対象となる高額の医療費を支払っていて、準確定申告をすることになり所得税の還付を受けられる場合

・貸付金の利子収入や家賃などの不動産収入を受け取っていた場合

など

準確定申告

準確定申告の手続

申告者

準確定申告の申告者は、相続人又は包括受遺者となります。

相続人、包括受遺者が複数名いる場合、各相続人が連署により準確定申告書を提出するような手続きになります。
なお、相続人間で争いがある場合、各相続人が別々に他の相続人の氏名を付記して提出をすることも可能です。

申告書の提出先

被相続人の死亡当時の住所地を管轄する税務署となります。
相続人の住所地を管轄する税務署ではありませんので気をつけてください。

申告の期限

死亡された方の相続人の方が1月1日から死亡した日までの所得を計算しておく必要があり、相続の開始があったことを知った翌日から4ヶ月以内に納税を行う必要があります。

たとえば、
知った日が5月4日なら4か月後の応当日である9月4日が提出期限となります。

通常の確定申告とは大いに異なりますので、注意が必要です。

なお、対象期間内の所得につき、納税額がないときは、準確定申告手続は不要となります。

準確定申告以外の期限のある相続手続きはこちらをご参照ください