家族信託には遺言と同じ機能があります。

たとえば、父親には長男と二男の子が二人いたとします。

長男夫婦は父親と同居していて、父親の介護をしていました、二男夫婦は県外に住んでいて、年に2回ぐらい帰ってきていました。

家族信託には遺言と同じ機能があります。

父親は長男夫婦に大変お世話になったので、遺産を長男夫婦に多めにあげたいと思っていました。

この場合、遺言でその旨を書いていましたが、遺言は後で書き換えられたり、遺言の存在を知らなかったため、遺言に書かれていた内容が実現できない場合が考えられます。

家族信託の遺言機能遺言についてはこちらをご参照ください。

 しかし、家族信託でも同じことが実現できます。家族信託の契約書の中で、

「もし、自分が亡くなったときは、長男に遺産の6割、二男に遺産の4割の割合で相続させます。」

と書いて、二男より、長男に遺産を多く相続させることが出来ます。

家族信託の遺言機能家族信託についてはこちらをご参照ください

家族信託には遺言と同じ機能があります。そのため、信託した財産については、遺言は必要ありません。

また、信託していない財産については何も決めていませんので、相続させる人を指定する場合は遺言が必要となりますし、指定していない場合は、遺産分割協議を開く必要があります。

家族信託の遺言機能遺産分割方法についてはこちらをご参照ください