遺言書とは、もし自分が亡くなったときに、自分の財産をどのように使って欲しいかについて書いた文書です。

遺言書とは

遺言書を書いておくと、自分が亡くなった後の財産の分け方について書かれているので、相続人が全員集まって行う遺産分割協議をしなくても、相続人財産相続することができます。財産を分ける相続人同士の話し合いがなくなるので、相続争いを未然に防ぐことが出来る場合があります。

遺言書は、自分の財産を●●に相続させたいと書き記した文章なので、相続人も納得してくれる方が多いです。

遺言書には法的効力があります。そのため、遺言書の書き方などについて法律で決められています。この書き方などが間違っていると、無効となってしまうので注意が必要となります。

関連記事

書き方については以下で説明していますのでご参照ください。

家族信託の遺言機能

遺言書の書き方

家族信託の遺言機能

遺言書の見本

家族信託の遺言機能

遺言書を書くタイミング

家族信託の遺言機能

自筆証書遺言について

家族信託の遺言機能

公正証書遺言について

家族信託の遺言機能

遺言書の保管

家族信託の遺言機能

遺言書の封筒など

家族信託の遺言機能

遺言書の無効対策

家族信託の遺言機能

法定相続人の中に行方不明者などがいる場合は、遺言書を作成しましょう。

家族信託の遺言機能

相続人がいないときは遺言書を。

にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ
にほんブログ村