今回はエンディングノートの内容について解説いたします。終活をされている方は、身の回りの整理をするために断捨離をされていたり、自分の財産を子へ承継するための準備を行っています。

 これから「終活」を始めようと考えている方には、終活の指針として最初にエンディングノートを書くことから始めることをおすすめいたします。

 遺言書やエンディングノートは1度書いたら終わりではありません。生活していると、日々、環境は変わりますので、その状況に応じて、情報を更新していくことが必要です。

 思いついたときにその想いを記録していったり、忘れてはいけないことをメモしておいたり、エンディングノートは様々な用途で使うことができます。

 そのため、完成させなければならないを気負いすることなく、空欄があっても問題ないですし、1ページ目から埋めていく必要もありません。書けることから書いていけば大丈夫です。

 幼少期の頃から現在までのことを思い出して、自分史を書きつづることも楽しいですし、「日課はエンディングノートを書くこと」というように意外とはまってしまう方もいるそうです。

1.将来ついて

 ・これから先の人生でやってみたいことや、やっておきたいこと
 ・解決しておきたい問題
 ・親しくしている人たちの名前と関係
 ・これからも続けたい楽しみや好きなことは何か

2.財産について

 ・貯金通帳やハンコなどを保管している場所
 ・公共料金の口座引き落としをするために使っている銀行口座
 ・年金を受け取るために使っている銀行口座
 ・株を取引している証券会社など
 ・保有している現金や預貯金の金額
 ・株券や有価証券などの内容と残高
 ・介謹保険や入院保険、生命保険
 ・自宅などの不動産の権利書、保険証券などの保管喝所
 ・現在抱えている負憤など (住宅ローンなど)
 ・何か誰かの保証人になっているか、 なっている場合は、どのような保証人になっているか

3.財産の管理方法について

 ・ご自身で財産の管理をすることが難しくなった場合、誰に管理してほしいか
 ・介謹施設に入る場合、自宅などの不動産を売却してもいいか

エンディングノートの内容

4.現在の持病や介瞳、終末期の医療について

 ・かかりつけの病院や持病、病歴など
 ・保険証、診察券などの保管喝所
 ・介護が必要になった時、どんな介護をしてほしいか
 ・けがや病気からの回復が見込めない場合、どんな治療はどうしたいか
 ・生命維持のため人工呼吸器などを使って延命治療を希望するか

5.遺品整理について

 ・(家具、本、衣類、宝石、アクセサリー、骨董品などの生活品をどのように処分してほしいか )
 ・パソコンで使っているIDやパスワードなど

6.相続や通言について

 ・遺言書の有無
 ・相続についての希望(自分の財産をどのように分けてほしいか)
 ・自宅を誰に引き継いでほしいか。またその理由
 ・現金や預貯金はどのように相続してほしいか。またその理由。
 ・その他の資産は錐と錐に相銃してほしいか

7.ご自身の歴史と家族への想い

 ・生涯どのような人生を送ってきて、どんなことを学んできたか。
 ・人生で学んできたことで、家族の方に伝えたいこと
 ・家族への想いと感謝。

8.趣味趣向

 ・どんな食べ物が好きだったか
 ・行きつけのお店はどこか
 ・好きな場所や思い出のある場所
 ・好きな音楽や映画、本など
 ・大切なものや大切な言葉
 
など、書いていただきたいことがたくさんあります。
いきなり全部を書こうとすると大変なので、
書けるところから少しずつ書いていただきたいです。

ぜひ子供さんたちとコミュニケーションをとりながら
楽しくエンディングノートを書いてください。

家族信託の小冊子を作成しました。

エンディングノートの内容

にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ
にほんブログ村

エンディングノートの内容の関連動画