要介護認定について


高齢者が介護サービスを受けるためには
要介護認定を受ける必要があります。

要介護認定は、住まいのある
市区町村が行っています。

要介護認定の結果には、
「自立、要支援、要介護」があります。

「要支援」とは、現在介護の必要はありませんが、将来的に要介護状態に
なる可能性がありますので、今のうちから支援をししましょう。
という状態のことです。

一方「要介護」とは、現在、自力だけで生活を営むのは
難しく、何らかの介護を行う必要がある状態です。

要介護

要介護度は、心身の状態に応じて7段階に分けられています。

その7段階が、「要支援1」「要支援2」

「要介護1」「要介護2」「要介護3」「要介護4」「要介護5」です。

要支援1


・身のまわりの世話(身だしなみや居室の掃除など)に
 何らかの手助けなどを必要とする。
・立ち上がる時などに何らかの支えを必要とすることがある。
・食事や排泄はほとんどひとりでできる。

要支援2

・身のまわりの世話(身だしなみや居室の掃除など)に
 何らかの手助けなどを必要とする。
・立ち上がる時などに何らかの支えを必要とすることがある。
・歩行などをするときに何らかの支えを必要とすることがある。
・食事や排泄はほとんどひとりでできる。

要介護1

・身のまわりの世話(身だしなみや居室の掃除など)に
 何らかの手助けなどを必要とする。
・立ち上がる時などに何らかの支えを必要とすることがある。
・歩行などをするときに何らかの支えを必要とすることがある。
・食事や排泄はほとんどひとりでできる。
・認知機能に低下がみられることがある。

要介護2

・身のまわりの世話(身だしなみや居室の掃除など)に
 何らかの手助けなどを必要とする。
・立ち上がる時などに何らかの支えを必要とすることがある。
・歩行などをするときに何らかの支えを必要とすることがある。
・食事や排泄をするときにに何らかの手助けを必要とすることがある。
・認知機能に低下がみられることがある。

要介護3

・身のまわりの世話(身だしなみや居室の掃除など)
 が自分ひとりでできない。
・立ち上がりや片足立ちなどの複雑な動作が自分ひとりでできない。
・歩行などの移動の動作が自分でできないことがある。
・食事や排泄が自分ひとりでできない。
・いくつかの周辺症状や認知機能の低下がみられることがある。

要介護4

・身だしなみや居室の掃除などの身のまわりの世話がほとんどできない。
・立ち上がりや片足での立位保持などの複雑な動作がほとんどできない。
・歩行や両足での立位保持などの移動の動作が自分ひとりではできない。
・食事や排泄がほとんどできない。
・多くの周辺症状や認知機能の低下がみられることがある。

要介護5

・身だしなみや居室の掃除などの身のまわりの世話ができない。
・立ち上がりや片足での立位保持などの複雑な動作ができない。
・歩行や両足での立位保持などの移動の動作ができない。
・排泄や食事ができない。
・多くの周辺症状や認知機能の低下がみられることがある。

にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ
にほんブログ村