最近、身に覚えのないマスクが送られてきている方がいらっしゃいます。

マスクと一緒に請求書が入っていて、マスクの代金を請求してきます。

手紙未一緒に入っていて、返送されない場合は買ったものとみなしますと
書かれている場合があります。

また、マスクを返送しないと、新たに請求書が届きます。

ものを購入するときは、売り主と飼い主との間で売買契約をしてから
ものを購入しますが、売り主と飼い主の意思が合致しないと成立しません。

そのため、買主が商品を購入するときは申し込みをするか、
承諾をしないと売買契約が成立しません。

したがって、送られてきたマスクを保管しているだけでは
売買契約の承諾をしていないので、買ったものとはみなされませんので、

手紙の中に、返送しない場合は買ったものとみなしますと書かれていても
法律上、買ったものとはみなされません。

このように、売買契約をしていないのに、商品を送り付けられた場合、
特定商取引法では、売った側は、送りつけた商品を14日以内に引き取らない場合は
その商品を返せという返還請求権を失うので、売り主側は14日過ぎた後に
商品を返せと主張できなくなります。

マスクの送り付け商法

製品を送られてきた(買主)側は、この商品を早く引き取ってほしいと、
売り側に請求することができます。この請求をした場合は、
保管期限が14日から7日間に短縮されます。

この保管期間中に商品を使ってしまうと、売買契約を承諾したとみなされてしまいますので注意が必要です。

保管期間を短縮させたいからと言って、売り主側に連絡をすると、
売り主側に電話番号がわかってしまうのでやめたほうがいいです。

家に身に覚えのないマスクが送られてきた場合は、14日間放置をすれば、
自分で処分できるようになるので、マスクが到着してから
14日間たってから使うようにしてください。

その時は、到着した日と、使用開始日がわかるように
写真を撮っておいたほうがいいです。

送り付け商法は悪徳商法一種です。気を付けてください。

にほんブログ村 その他生活ブログ 遺言・相続・遺品へ
にほんブログ村