「相続」の記事一覧(2 / 9ページ目)

贈与・遺贈された自宅

相続
贈与・遺贈された自宅

贈与・遺贈された自宅は遺産分割の対象から外れます。そのため、相続財産の中に自宅は含まれなくなります。 要件 結婚してから20年以上経過 背景 本人(被相続人)が亡くなり、相続人が配偶者と子の2人です。 相続財産は自宅(2 […]

相続登記のメリット

相続
共有不動産の相続の例

不動産の相続登記をするときに登録免許税がかかるので、やらない方がいますが、不動産の相続速登記をするといくつかメリットがありますので紹介します。 遺産分割協議書や遺言書を紛失したとき 背景 被相続人Aに妻のB、子のCとDが […]

共有不動産

家族信託 相続
家族芯他のメリット

相続人が複数人にて、主な財産がマンションなどの不動産だった場合、相続人共有名義で不動産を相続する方がいますが、不動産を共有すると後日いろんな問題が発生します。 例えば、長男、二男、長女がマンションを相続したとします。マン […]

相続の割合

相続
相続の割合

相続の割合を自分たちで変更することができるって知ってますか? 相続が発生したときに相続人がどれぐらいの割合で遺産を分割するかについて法律の民法で決められています。このことを法定相続分といいます。 被相続人が遺言書を書いて […]

期限のある相続手続き

相続
相続税は2回払う?

遺言書の検認手続き 提出期限:相続発生後すぐに 相続の手続きを始めるときは、遺言書の有無によって、その後の相続手続きの内容などが変わりますので、最初に、遺言書の有無の確認をします。自宅や貸金庫などで遺言書が見つかった場合 […]

相続登記をしなかった場合

相続
相続登記をしなかった場合

相続登記の期限 相続登記は法律上の期限を決められていません。そのため、相続登記をせずにそのまま放置していてもなんの罰もありません。ただし、相続登記をしないと後に問題が発生します。 相続が発生して不動産を取得した場合は、相 […]

不動産の相続登記

相続
共有不動産の相続の例

不動産の相続登記とは ・法務局に不動産の登記の申請をする必要があります。 ・相続や売買で不動産を取得しても、勝手に法務局で登記を書き換えてくれるわけではありません。 ・不動産を取得した人が自分で登記の申請をしなければ、不 […]

相続税

相続
相続税

相続税とは 人の死亡を原因として、財産の移転が行われた際に、その財産を受けとったものにたいして課される税金のことです。 相続税には、「富の再配分」という基本思想があり、貧富の差を緩和させるという経済政策が含まれています。 […]

準確定申告

用語集 相続
準確定申告

準確定申告とは 準確定申告は、被相続人(亡くなられた方)の所得税について申告するものです。 人(被相続人)が死亡した場合、その故人は所得税の確定申告をすることができません。 そこで、その相相続人が代って確定申告をすること […]

代償分割

用語集 相続
代償分割

代償分割とは 代償分割とは、特定の相続人が不動産を相続し、他の相続人に対してその代償金を支払う遺産分割の方法です。 たとえば、父、母、長男、二男の4人家族で、父が亡くなりました。相続財産は4000万円の価値がある不動産と […]

ページの先頭へ