「戸籍謄本」タグの記事一覧

不動産の相続登記

相続
共有不動産の相続の例

不動産の相続登記とは ・法務局に不動産の登記の申請をする必要があります。 ・相続や売買で不動産を取得しても、勝手に法務局で登記を書き換えてくれるわけではありません。 ・不動産を取得した人が自分で登記の申請をしなければ、不 […]

相続と生命保険

相続
相続と生命保険

生命保険の保険金は相続財産ではありませんが、上手に使えば、円満な相続手続きを行うことができます。亡くなられた方が、生命保険に加入していた場合は、是非、相続のために有効活用してください。 生命保険を活用して相続税を節税する […]

預貯金の相続手続き

相続
金融機関の相続手続き

預貯金の相続手続き とは 預貯金の相続手続きは、相続手続きで遺産分割をした後に、一番最初に行っていただきたい手続きです。その理由は、亡くなられた方が、支払いなどを銀行振り込みにしていた場合、銀行口座の相続手続きを行わない […]

住民票は相続人が取得

相続
住民票は相続人が取得

住民票とは その人が住んでいる住所を証明する書類になります。戸籍謄本には本籍と氏名については書かれていますが、住所については書かれていませんので、その人が住んでいる住所を証明する場合は、住民票が必要となってきます。 戸籍 […]

戸籍の種類

相続
相続セットとは

戸籍の種類は以下の3つあります。 ・戸籍謄本 ・除籍謄本 ・改製原戸籍謄本 戸籍の証明書を取得する場合には、戸籍の状態によって取得する戸籍の証明書の種類が変わってきますので気をつけてください。以下に戸籍の種類について書い […]

戸籍謄本と住民票

相続
相続セットとは

戸籍謄本と住民票の違いってわかりますか?戸籍謄本とは、同じ戸籍に入っている人の情報が書かれている書類。住民票は、同じ世帯に入っている人の情報が欠かれている書類のことを言います。戸籍謄本には家族関係について書かれていますが […]

戸籍と住所と相続

相続
相続セットとは

戸籍とは 個人が出生したり、結婚したり、養子縁組、死亡などすると、その人に起きた親族関係に関することが記録されているものです。戸籍をたどっていくと、その人がいつ生まれて、誰と誰の間の子で、いつ誰と結婚して、いつ誰の養子に […]

生命保険の手続き

終活

生命保険の手続きについて 生命保険の手続きについて説明いたします。 ・基本的には銀行口座に振り込まれます。 ・例外的に窓口で現金で受け取ることができますが、ほとんど認められません。 ・保険証券を失っていても、保険契約が有 […]

ページの先頭へ